資産形成《マインド編》コロナショックから学ぶ 投資マインド

毎日、ニュースで見ない日はない新型コロナのニュース
とんでもないデマからのトイレットペーパー争奪戦もありましたね。

私たちは理屈ではわかっていても、感情(心)で行動してしまう生き物です。
そして安心・安全を最大限求め、損失や不安は回避したいと動きます。

株式市場も大幅な下落で大混乱しています。
将来のために毎月コツコツ資産形成を始めた人も
不安になっている人、買い増しを検討している人
何かしなきゃと思っている人、さまざまです。

このようなマーケットのリセッション入り局面で、
【なにをするべきなのか】をまとめてみました。

投資をしている人はもちろん、まだ投資経験がない人にも、
きっと参考になる投資に対するマインドセットです。

感情のまま 動かない

相場が大きく下がるとき、ニュース、新聞ではとても心配な記事が目に入ります。

昨日の米国株式市場は急落、ダウ平均株価は2000ドル超安の過去最大の下げ幅を記録。原油相場の大幅な値下がりや新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念からリセッション(景気後退)懸念が台頭する中、株安連鎖が止まらない。。。

Yahooファイナンスより


こんな感じのニュースが毎日続きます。
年初の高値からは、NYダウも日経平均も大きく下落しています。


恐らく投資をしたことない人が今の価格の変動状態を見たら、
やっぱり投資は怖いよなぁ・・・たった数日でこんなに損するなんて
って思うかもしれません。


資産形成とは、長期的な視点で資産を作っていくという行為です。



資産形成の投資スタイル
【長期・分散・積立】


これに基づいて、今とこれからの投資マインドを
お伝えしてみますね。

思考は長期マインド

まずは思考を短期ではなく、長期と捉えること。
人の感情は、どうしても短期志向になりがちです。


目先の結果を求めてしまい、
目先の損失を回避したくなってしまうんです。


確かに日に日に評価損が増えていくのを見ていると
時には眠れなくなったり、仕事も手につかなくなります。


少し戻ったと思ったら、また大きく下げたり、
常にジェットコースターに乗っている気分になります。
そんな感情が揺れ動くのは、当たり前のことです。


だからこそ、意識的にこの感情から遠ざかったほうが楽。
あえて、ニュースを見なかったり、時価評価見なかったりします。


【長期マインド】を持っていると、
日々の価格調整は気にならなくなってきます。


最初はどうしても理屈通りになんていきません。
必ず感情が勝ってしまいます。


だから今のような価格調整が起きたときに
【私のゴールは20年後】【暴落はチャンスになる】
というマインドを持つように心掛けてみてください。



何もしないという選択肢


長期での積み立て投資では

絶対に今やめない事。
積立は決めた額を続ける事。


色々思考して、何かしたくなるんだけど、
まずは、売ったり、買ったりしなくていいから、

とにかく何もしない事。


それだけだと思います。
それだけと言いましたが、
とても大変なことですよね。



でも言えることは、必ず長期と分散であれば。
値は戻りますから心配せずに待ちましょう。

ショックは何度もやってくるもの

ご存じと思いますが、常に居心地の良い相場なんてありえません。
安いときに買って、高くなったら売ればいい。
理屈ではわかっているはずの、投資の鉄則も
なかなか思うようにいかないんです。

感情・心


最初に述べましたが、人は損をするのを極端に嫌います。
利益を得られる喜びよりも、損を少しでも減らしたい、
回避したいという心理的行動が働きます。


何かしなきゃ、何とかしなきゃと
自分を守るための行動をしたくなります。


安いから買うべきか・・・これ以上損しないように売るべきか・・・
何もしないことで後で後悔したくないと思うのかもしれません。


今回のトイレットペーパーが消えてしまったのも、
そんな人間の心理、我先にという群集心理からであって、
冷静に考えるとわかること、理屈通りにはいかない行動になってしまいます。




  1. ITバブル崩壊
  2. リーマンショック
  3. ギリシャショック
  4. 欧州財政危機
  5. チャイナショック
  6. 北朝鮮問題
  7. トランプショック
  8. イギリス離脱問題
  9. バーナンキショック
  10. 東日本震災危機
  11. 米中貿易摩擦問題

思いつきなので、順不同となっています。


数々のショック、急落、暴落を経験してきました。
最初のショックがサブプライム問題からのリーマンショックでした。
仕事で楽しさを感じていた時期、初めての暴落、未曽有の価格下落に
自分自身もショックで毎日泣いていた記憶があります。


たくさんの株の上場廃止もありましたし、通貨危機と言われるものも。


何度も何度も、相場の危機を経験してきたからこそ、
今はまったく動じることなく落ち着いて相場を見られるようになっています。


逆にちょっとしたバーゲンセールがやってきたなぁと
思えるようになりました♪


積立で投資し続けることで、感情にとらわれず
しっかりと安い時期にコツコツと買ってくれています。
世の中が総売りした超バーゲンセールでもちゃんと買ってくれています。

私もまだまだ経験不足な人間です。
だからいつも「必ず、この経験が糧になる」と思って
感情を見つめ、相場に向き合うようにしています。
長期であと、20年以上は資産運用をしていきたいので、
そう考えると、私もまだまだ経験不足のひよっこなんです。

見通しをあてにしない

マーケットニュースを見ると、悪くなればなるほど
《今後の見通し》《底入れはいつ》とかたくさんの
目先情報が飛び込みますよね。


そろそろ底入れという意見もあれば、
まだ楽観視できないですよという意見もあります。


なぜ下がったんだろう
どんな条件の時に、底打ちするのだろう
客観視してマーケットの動きを見ることをお勧めします。


自分の資産に対しては、《何もしない・続ける》が鉄則
情報を仕入れるのは、この経験を糧にして次に活かすため
と理解しておかないと、たくさんの情報を得るたびに、
心が揺さぶられ、長期投資は挫折しやすくなってしまいます。


やっぱり感情に左右されてしまうんです。
安心材料欲しいですし、行動するための有力情報を
誰よりも早く正論を探しまくってしまいます。



客観視しよう、冷静な判断を・・・
そんな意志の力で、長期投資のマーケットの
荒波をくくりぬけ続けるのは至難の業だと
思うんですね。


ネガティブ情報に心を持っていかれないように
2つの工夫を紹介しますね。

信頼できる情報源を絞る

どうしても気になる、情報収集が必要な時には、
必要と思ったときに自分が信用できる人の
コメントやレポートを見るようにしています。


私はコモンズの渋澤さん、セゾンの中野さん、レオスの藤野さん
投機ではない長期投資マインドを教わり、マネしたいと思いました


レオスの藤野さんは、あの有名ファンド【ひふみ投信】の生みの親です。
マーケットが調整すると、すぐに投資家に向けてレポートで状況を伝えてくれます。

例えば、こんな感じ。
https://www.rheos.jp/information/news/2020/20200225.html


相場の変動の心を奪われて、売ったり買ったりはあまり得意ではありません。
でもひふみ投信は、今キャッシュポジションを高めてくれています。
私と同じ、密かにバーゲンセールで安く買うチャンスを狙っているみたいです。


どんなに株が下がっても、このようなファンドのお金、機関投資家のお金は、
損失を少なく、また利益を出せるようにお金を動かします。


出ていったお金は、いずれ必ず帰ってくるんです。
お客様から託されたお金をずっと寝かしておくわけにはいかないんです。
ただ、いつ戻りますと言えないのが、マーケットの不確実性
その不確実性のリスクを取っているので、しっかりとリターンが得られるんです。

何もしないように出来ること

《とにかく何もしない》ためには
何をしたらいいかを考えたところ
いっそ、ニュースを見ない、価格も見ない
大暴落が来たら、筋トレする~とか
全く関係ないことをするルーティンを作っちゃう。


何で筋トレ??って感じですが、
まぁ結論なんでもいいんです。


ヨガで瞑想するとか
1人温泉行く~とか
カフェで幸せ法則の本を読むとかね


自分が幸せを感じることを
暴落時にはするって決めておくの


1年を通して、10%前後の価格調整は
よくある事なんで、その度に
自分の幸せ度が高まることをやってみてください。


もしこの時点で、こんなに下がっていて、
幸せを感じるなんて、絶対できない
とにかく不安で仕方がない
投資に対してはもう負の感情しかわかない。


そんな場合は、完全にリスク許容度を超えた投資になっています。
投資比率を確認したり、無理のない資産配分を再チェックが必要です。

長期で信じられる【軸】を持つ

人の心は流行りものにも弱い傾向があります。


投資の世界も流行りものがあります。
でもこの流行りものは、証券会社など売り側が
売りやすいように、作られているんです。


それがすべてダメというわけではないです。
ちゃんと結果を出せるパターンもありますが、
長期投資には向いていません。


投資というだけで、拒否反応を示してしまう日本人には、
売りやすいワード、それならいいかも♪
と思ってもらわないとなかなか売れないんです。


よく見るランキングとかもそうですよね。
ランキング上位に入っているだけで、とてもいい商品に思えます。


そして気を付けたいのが、上位にある、人気があるからといって
リスクが低いとは限らないし、儲かりやすいとも限りません。


だから自分なりに長期投資に対する
【軸を持つこと】
みんなが持っているものよりも、
自分が納得して、腑に落ちたものと
長くお付き合いしたいと思いませんか?


独身女性のためのマネーレッスン♡無料メルマガ配信中
今だけ登録者全員にお金が貯まる
無料レポートプレゼントしています♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です