将来の資産形成 複利の力でお金を殖やす

こんにちは FPまきです。

東京では開花宣言が発表されましたね。
今日の北海道・函館も晴天♪
冬から春へ向かうこの時期は、
いつもよりワクワク指数が上がるわぁ~^^


日本人のほとんどが利用している金融商品。
それは銀行の預金&貯蓄性保険です。
社会人になって誰もが当たり前に銀行口座は作るはず。

でも意外に金利や利息については
知らないままって言う人も多いと思います。
今日はお金の基本知識、金利についてお話します。



単利と複利の違い

「複利」という言葉を聞いたことがありますか?

アインシュタインが「人類最大の発明」と言ってました。

でも残念ながら日本では長引く低金利、

偉大なるアインシュタインの言葉すら…響きませんよね(涙)


「複利効果」は、資産運用を効率的に進めていくうえで欠かせない考え方です。

老後資金作りなど運用期間が長くなるほど効果が大きくなります。

今回は金利に対する考え方の基本となる単利と複利の違い

複利運用による運用シミュレーションをご紹介します。


銀行にお金を預けている、置いているというイメージですが、

正確に言うと銀行にお金を貸しているということなので、貸してくれた利用者に対して

利息を払いますというのが、預金金利。でもその預金金利が今は0.001%だから…涙

利息の計算方法は2種類、「単利」と「複利」があります。

具体的に、預入元本100万円で利息が毎年3%付く条件で

「単利」と「複利」の違いを比較してみましょう。


単利の場合

預けた金額に対してもらえる利息を元々の元本には組み入れない利息単体で受け取る方法。

元本部分の土台が変わることはなく、利息も一定です。

100万円を3%の利息で預けた場合のイメージはこんな感じ。

年数元本利息利息合計
1年目1,000,00030,00030,000
2年目1,000,00030,00060,000
3年目1,000,00030,00090,000
4年目1,000,00030,000120,000
5年目1,000,00030,000150,000



複利の場合

複利とは、毎年ついてくる利息を元本に組み入れてその合計に対して利息計算される方法。

《元本+利息》×利息の繰り返しです。

小さな雪玉をゴロゴロと転がしていつの間にか大きな雪玉になっていくようなイメージです。

年数元本利息利息合計
1年目1,030,00030,00030,000
2年目1,060,90030,90060,900
3年目1,092,72731,82792,727
4年目1,125,50932,782125,509
5年目1,159,27533,765159,274




5年の差だけでは大した力は発揮しないように感じます。

でもこの複利の力は、長期での資産形成では利用するとかなりの恩恵が受けられるかも。

同じ条件で5年・10年・20年での比較がこちらです。

単利複利差額
5年1,150,0001,159,2709,270
10年1,300,0001,343,91643,916
20年1,600,0001,806,111206,111




資産形成では複利の力で資産を膨らます

金利が低く、期間が短いと単利と複利の差は微差に過ぎませんが、

100万円を年利5%の資産運用で30年間複利運用を行えたと仮定すると

単利の場合は・・・250万

複利の場合は・・・432万

5%の運用は可能なの…?


ちなみに世界株への分散投資で参考になるのが

eMAXIS 全世界株式インデックスでは、

1年単位で見ると上がる年もあれば、マイナスの年もあります。

長期で資産を形成していくとしっかりと成長していくのがわかります。



積立は下がった年にはたくさん買えるからハッピー♪

上がった時には資産が増えていくのでこれもハッピー♪


今は株価の上昇の恩恵がありますが、今後下がったとしても平均リターンは5%前後。

最終的にはお金を働かせ続けると、複利の効果も大きいというわけです。



複利効果はマイナスにも働く

複利効果はマイナス方向にも強く働きます。

ローンやクレジットカードなどで100万円を借りたとして、

返済しなければ借金は雪だるま式に増えていきます。

これは複利逆効果。借金をした場合には優先的に返済に回した方がいいのは、

このマイナスの複利効果を軽減させるためでもあります。

金利や利息の関係を知って、複利の力をしっかりと味方に付けるのか、

敵に回してしまうのか・・・知っておくことで未来は大きく変わっていきます。





マネーセンスを磨くとおひとり様は最高の人生に♡
大人の独身自立女性を輝かせます

▼▼ 大好評 無料メールマガジン ご登録はこちら ▼▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です