理想のお金の使い方♡浪費しなくなる自分の欲しい○○を手に入れる

こんにちは FPまきです。

昨日の満月見ましたか?超綺麗でくっきりしてて感動しました。
ストロベリームーンだったんですね。夜、外に出てしばし月光浴^^
取りあえず手放したいこと…2つ3つと投げてみました。


やっぱりいつもいい気分・ご機嫌・喜びで生きる
自分の存在、人生の源はここに在る。。。以上



知ってますか??
自分の幸せを邪魔しているのは、お金や他人ではなく自分の中に湧き上がる抵抗です。
毎日、幸せ・充実感・安堵感という必要な感情を大切にしていく。
「抵抗」というおもりを1つづつ手放していくことでとても楽に動けるようになります。


自分のことを知らないままだと
お金とのより良い関係を創ることはできません。

自分の心が満たされる、欲しい感情のために何が必要なの?



コレがわからないので、お金を使うことで得られる
一時の満足感や達成感・優越感などを欲しかったモノと勘違いしてしちゃうんです。

だから、手に入れたときの満足感はあまり長続きしないのです。

日常的な買い物ならまだいいですが、
この仕組みを知らずに、ブランド品、高級車やマンションを
ローンという便利な仕組みで手に入れてしまうと・・・
ずっとお金に振り回された人生になりかねないのです。

何でこれ買ったんだろう…
結局ほとんど使わなかった…
なくてもいいじゃん…って後悔が残り、お金は残らず(-_-;)



たとえば、彼氏が浮気、裏切られた~って出来事があると、
ものすごい自己否定・孤独感・虚しさや不足感を感じることがあります。
(ありましたと言う経験談だわ…笑)

その「ない」状態をとにかく「満たしたい」と思うもの。
取りあえず誰か側にいてほしいって思うことありません?
(私は・・・ありました苦笑)

お腹がものすごくペコペコだとコレ食べたいというよりも、
取りあえず何でもいいから口にしたいって思います。

お金も恋愛も食事も仕事も人間関係も全部、同じです。

足りていない、満たされていない・・・という感情が強くなると
とにかく「満たしてあげなきゃ」と脳はいつもあなたに指令を出すのです。

これ買うと満たされるよ。

取りあえずこの人といたら?

頑張って評価されたら満たされるよ。

お金だけじゃなくあらゆるところから
不足感を満たす行動を無意識レベルでしてしまう。
そして厄介なのが、無意識だからそのことに自分で気が付けない…
満たすための行動が、どんどん不足を生み出しちゃっていることに。



だからまずは自分にとって欲しい感情を知ることって大事。

いつもいい気分・ご機嫌でいたい。
安心していたい・ありがたいなぁ~って毎日を送りたい。
欲しい感情をいっぱい集めて、その感情を毎日味わいます。


私は今朝6時に、コーヒー持ってベランダに出ました。
朝日を浴びて洗濯物のいい香りに包まれて、30分瞑想して外でコーヒーを飲む。
たったそれだけで「最高にいい気分、ありがたいなぁ~」って感情が手に入ります。
稼いで浪費しまくって得られた感情の何倍もの欲しかった感情をお金かけずに手に入れてることができています。


いまだに私も忘れたりします。
過去の「やれ、やれ!」という追い込み番長みたいのがいるんです。

でも都度、自分と向き合って心地よい感情を最優先する選択をする様にしています。

  1. ジムで体を動かすと満足感が得られる。
  2. 疲れたときは、子犬の動画見て癒されよう。
  3. モヤモヤしたらなんもせずに寝てしまおう。
  4. 会いたい人には会いたいって言ってしまおう。



そんな毎日の繰り返しです^^
自分の感情が大事って気が付いて、自分に寄り添うことで
本当に不思議なんですが、それだけでお金も人間関係も自然整っていきました。
苦手かもと思っていた仕事関係の人がいなくなりました。
お金も勝手に入るようになりました。


しっかりと欲しい感情にフォーカスしてみて下さい。


そのために使うお金だったら自分で納得して決めた生きたお金の使い方です。
結果的に浪費だって無駄使いだってモヤモヤしません。
もうすでにそのお金の使い方は浪費じゃなくなっているはずです。
自分で決めたから後悔もしないし、そんな自分もOKってなりますね。


アラフォー、アラフィフ、何歳だって自分の人生一度きり。
過ぎ去った過去には戻れません。大切なのは、今何を感じるかなのです。
他人のこと、常識を受け入れる前にもっと自分の人生を引き受けてあげませんか?







マネーセンスを磨くとおひとり様は最高の人生に♡
大人の独身自立女性を輝かせます

▼▼ 大好評 無料メールマガジン ご登録はこちら ▼▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です